カーゴパンツとのコーデ

カーゴパンツにおすすめのカットソーコーデ

デニム、チノとくれば、安定の定番ボトム、残るはカーゴパンツ。カーゴパンツは、もともと貨物船で働いていた人たちのために作られた、作業用のパンツが前身。

 

そのため膝上の左右に、大きなポケットがついたデザインになっています。今では、そのデザインはおしゃれとして活用され、人気のボトムのひとつになりました。

 

そんなカーゴパンツはさまざまな色やデザイン、素材が続々と出てきています。こんな個性的なチェックのカーゴパンツはどうでしょう。このようなチェックカーゴには、バイカラーのカットソーが似合います。

 

上下の色味を合わせると、柄物でも安心。すんなり決まりますよ。デニムシャツを羽織って縦のラインを強調すると、背も高く見えてスタイルアップ。

 

詳細はこちら(メンズスタイル)

きれい目カーゴできちんと決める

こんなタイトフィットなカーゴパンツは、きれいにまとめるのがオススメ。知的な感じに決めるなら、シャツスタイルで。

 

シャツの上に重ねるのはブラックカットソー。ブラックとオリーブは色の相性がとても良いので、うまくまとまりますよ。

 

とても着心地の良いカットソーなので、ストレスもありません。

 

詳細はこちら(スプートニクス)

 

 

 

クロップドパンツをカーゴで履く

カーゴパンツがクロップドになると、少しだけかわいくなりますね。

 

そんなちょいカワカーゴには、ドット柄のVネックカットソーを合わせてみましょう。このカットソーには、袖の裏地がボーダーになっているという、遊び心もプラスされています。

 

ドット柄が苦手な人にも、小さな細かいドットなので、抵抗なく着られますよ。大人のかわいさ満載なコーディネートです。

 

詳細はこちら(インフォアブソ)

 

 

マリンスタイルをほんの少し個性的に

ボーダーカットソーは、マリンスタイルの定番。マリンスタイルと言えば、赤、青、白などのトリコロールカラーが多いと思いますが、このボーダーカットソーはブラック。

 

ブラックに、鮮やかなピンクとブルーのラインがとてもきいています。胸のハートのポイントも注目。

 

こんなカットソーには、カジュアルなクロップドカーゴをさらりと。ウォッシュデニムを羽織れば、カットソーがさし色になって面白いですよね。

 

詳細はこちら(メンズスタイル)

 

 

プリントデザインカットソーには

デザインカットソーは、どんなコーディネートにも合わせやすいアイテム。このカットソーはブラックではなく、薄墨のような色。

 

そんなカットソーには、パイピングのきいたブラックドットのシャツを羽織って。ボトムカーキのカーゴであえて着崩すスタイルできめましょう。

 

太めのデザインのカーゴなので、ベルトでウエストマークすることを忘れずに。

 

詳細はこちら(メンズスタイル)